時計の旅 / Corso Rinascimento

この時計はもう一つ時代の残存した証拠であり、その時代において公共の時計が時計を 担った建物に名声を与え、仮に配置がビジネス、生産企業或いは貿易会社に完成されたら、時計は疑いなく、魅力の、我々は今言うように、広告の要素であり、 多くではない人々が個人時計を有した時代にこころに残った。我々が話すのはほとんど70年前にCorso Rinascimento とVia del SalvatoreコーナーにあるSt. Louis of the Frenchの建物で置かれた時計である。その時計はThermisにあるSt. Salvatore教会堂を思い出し、Palazzo Madama(イタリア上院の本場)を拡大するために破壊された。しかし、時計はそびえた製薬会社として呼ばれた名前の幸運を持ってなかった。それは Hausman会社にこの仕事を依頼した医師Nello Cecchiniに設立された製薬会社であった。製薬会社の持ち主が死んだ後、時計は働きを止めたが、世間ではまた「via del Rinascimentoにおける時計」と呼ばれる。