時計の旅 / Caffè Aragno

もう一つの時計が部屋にしまい込まれたが、正当に公共の時計と呼ばれることができる。 たとえ時計が今ではもう存在しないといっても、過去に有名で、また政 治家、作家及び芸術家たちが6年以上にわたって会見したところであるAncient Caffè Aragnoの三番目部屋に置かれた。実際に、Giacomo AragnoははじめてSciarra Squareにてカフェーを開き、その後、Via delle Convertiteへ引越し、また爆破のためSdruccioloに移動され、最終にCorsoの新しいビルMarignoli Buildingに定住し、1890年3月14日にカフェーを開いた。有名な三番目部屋の中心においてHausmannに提供され、直接に同じ会社の製作 室から起こった推進力に制御された一つの時計が置かれた。この時計は正方形のボックスに置き、各側に一つずつの四つの象限儀があり、Aragnoが Milanese Alemagnaに奪取されたところまで時計は働き、重要な時間を合図した。Milanese Alemagnaは歴史の三番目部屋の活動を抑え、またローマだけではなくの歴史上6年の重要な証拠となる時計も消えた。