歴史 / 小さな振り子時計のアトモスが、教皇ジョン・ポール2世に寄贈されました。

ジョー・フリーリングスドルフと教皇ジョン・ポール2世の関係についての出来事です。小さな振り子時計のアトモス・ディ・ジャガー・ルクルトは、前教皇ピウス6世にも寄贈されました。家族内の話によると、前教皇は1枚の手紙(手が付けられていません)を書き、時計の掃除にあたる修道女達に、変調をきたしたしやすい、もろい構造の時計を、損なわないように気を付けて取り扱うように伝えたということです。