歴史 / Hausmann & Co.のサロンは、芸術家と絵描きの会合の場所となります。

30年代に、ローマの店であるHausmann & Co.のサロンは芸術家と絵描きの会合の場所となりました。他の者に交じって、カポグロッシ、タンブリーニ、ファッツィーニはその常連でした。「芸術家クラブ」Hausmann & Co.には、とても多くの参加者が生まれたため、ニコラ・ノルマンドの養子は、当店の「何でも屋」として、マクリの名前でイタリアと世界の芸術史を豊かなものにする役割を引き受けたのでした。