歴史 / Hausmann & Co.は、イタリアの海軍および国家研究評議会(CNR)と共に、船舶への精密な時計の取り付けに取り組みました。

90年代においてHausmann & Co.は、イタリア海軍の船舶に、時刻表示が精密な時計を莫大な数において取り付け、そのためそれらの船舶は、外部からの無線信号に頼らず精密な時刻を確認することができるようになりました。時刻表示が精密な時計の取り付けは、超音波探知向けに100万分の1秒の正確さが保証されることになったCNR(国家研究評議会)の船舶用原子時計だけでなく、ヘリコプターの「ガリバルディ」や航空機の「カブール」からも求められるようになりました。