ドレスデン出⾝身の時計師フェルディナント・アドルフ・ランゲは、1845年に時計⼯工房を設⽴立し、ザクセン⾼高級時計産業の礎を築きま した。彼が製作した価値の⾼高い懐中時計の数々は、今でも世界中のコレクターたちの垂涎の的となっています。第⼆二次世界⼤大 戦後、東ドイツ政府によりA.ランゲ&ゾーネは国有化され、⼀一時はその名が⼈人々の記憶から消え去ってしまうかと思われました。しかし1990年、フェルディナント・アドルフ・ランゲの曾孫ウォルター・ランゲがブランドを復活させます。現在では、ゴールドま たは
プラチナのケースを使った腕時計が、毎年数千本のみ製作されています。A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、⾃自主開発され、⼿手 作業で⼊入念な装飾と組み⽴立てを⾏行ったムーブメントが搭載されています。1994年以降に開発された⾃自社製キャリバーは62個を 数え、A.ランゲ&ゾーネは世界でも最⾼高峰の地位を確⽴立しました。その代表作には、⼀一般モデルとして初めてアウトサイズデイト
を搭載しブランドを象徴するモデルとなったランゲ1や、瞬転数字式時刻表⽰示を搭載したツァイトヴェルクがあります。まれに⾒見る 複雑機構を搭載するツァイトヴェルク・ミニッツリピーター、トゥールボグラフ・パーペチュアル“プール・ル・メリット”、トリプル スプ
リットは、受け継がれてきた時計作りの技をさらに⾼高めようとするA.ランゲ&ゾーネの真摯な
姿勢を体現した時計です。

lange-sohne